誰でも使える給与計算ソフト

  • 給与計算ソフトの導入と企業の利益

    • 給与とは企業と労働者を結ぶものであり、その給与を決定、支給する給与計算は労働契約の根幹を支える非常に重要な業務と言えます。

      しかし給与は決まった金額のみ支払えばよいということではなく、様々な計算が要求されます。



      特に日本においては所得税や法人税などの税金は企業が労働者に変わって源泉徴収し税務署に納めなくてはなりません。

      健康保険料などの保険料も給与から控除して納付します。



      またそれぞれの勤怠管理もあわせてチェックしなくてはならないのです。


      これらのどれか1つでもミスをすると支払いが滞ってしまったり、支給ミスなどを生じてしまい、労働者の企業に対する信頼を損なう事態にもなってしまいます。



      そこでこの給与計算業務をより効率的に正確に行うために多くのが企業が給与計算ソフトを導入しています。
      ソフトを導入することで基本事項の入力ができれば、自動で給与計算を行ってくれます。
      人の手で行うよりより早く正確に行うことができるのです。これは企業にとって業務の効率化のみならず人件費の削減など、コスト削減に非常に期待が持てることとなります。



      またソフトによっては企業の人事管理や労働者の勤怠管理などと連動することもできるので、非常に参考になるデータを集めることができます。


      しかし、給与計算ソフトは種類も多岐にわたるのでやみくもに導入しては企業のメリットのつながりません。



      企業規模や自動化することのメリットをあらかじめ考えてより合ったソフトを入れることでさらなる利益と繋がるのです。



  • 関連リンク

    • 決算から日常的な給与計算に至るまで、かつてのソロバンから現代ではコンピューターを用いたものに様変わりしています。しかしながら様変わりしても手間の量は変わりません。...

    • 給与計算は、まずはその月の労働時間の集計を行い、残業や休日出勤、諸手当、欠勤や遅刻・早退の有無などを含めて課税対象になる課税支給額を算出します。そして、社会保険や厚生年金、源泉徴収などを計算してこの金額を引いていき、通勤手当をプラスしていくといった計算があります。...